Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

坂道のアポロン 第2話 「サマータイム」


2話タイトルの「サマータイム」はガーシュウィン作曲。様々なジャズメン、シンガーがカバーしています。
わたしが持っているものでお気に入りは Joshua Redman のもの。
Timeless Tales (For Changing Times)Timeless Tales (For Changing Times)
(1998/09/17)
Joshua Redman

商品詳細を見る

作中が夏休みで海に行ったりしたから、この曲がタイトルに使われたのか。

しかし、作中で演奏していたのはこの曲ではありません。
聞き覚えはあるのですが、思い出すのに時間がかかりました。


Bag's GrooveBag's Groove
(2008/04/10)
Miles Davis

商品詳細を見る

Bags Groove でした。1話でのレコード屋にこのアルバムが置かれていました。
バグズ・グルーブはマイルス・デイビスとセロニアス・モンクの喧嘩セッションで有名です。
実際には喧嘩はなかったようですが、マイルズがトランペットを吹いている時に、モンクが全くピアノを弾いていません。これもリーダーであるマイルズの指示だったようですが。

面白いのはこの曲でのモンクの弾き方です。
最初の方は指一本で弾いているかのような適当な演奏に聞こえます。
これが作中での薫の演奏にマッチしているのでバグズ・グルーブが選ばれたのではないでしょうか。

OverseasOverseas
(1999/11/09)
Tommy Flanagan、Elvin Jones 他

商品詳細を見る

セッションの後の会話で登場したのが、エルビン・ジョーンズとトミー・フラナガン。
二人が参加しているアルバムとなるとこれがお勧めです。

続きを読む

スポンサーサイト



2012-04-20 21:57 : Anime : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

米澤穂信 「愚者のエンドロール」 感想(ネタバレ注意)

e2261dbb_20120413204526.jpganime20ch91458.jpg

愚者のエンドロール (角川文庫)愚者のエンドロール (角川文庫)
(2002/07/31)
米澤 穂信

商品詳細を見る

古典部シリーズ第二弾です。
前作の氷菓よりもミステリー要素が強くなっていて、ミステリーネタも使われています。
古典部シリーズの中で最もミステリー色が強く,ミステリーが好きな人にとって一番楽しめる巻です。


文化差に出展する予定でいた二年F組の自主制作映画が未完成の状態で頓挫しているので、奉太郎たちに現在完成している部分から、結末を導き出すことを依頼されます。

奉太郎たちは二年F組の関係者から話を聞くのですが、その関係者たちが推理する話を聞きながら、正解と言える解決編にたどり着こうとします。

20041221.jpg31007483.jpg51EnPaLanCLSX230.jpg
いつの間にか3種類の表紙が。


追記ではネタバレ注意の感想と解説を:

続きを読む

2012-04-20 23:45 : 氷菓 : コメント : 6 : トラックバック : 3
Pagetop
ホーム

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Search

Counter