Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

米澤穂信 「ボトルネック」 感想&考察(ネタバレあり)

ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
(2009/09/29)
米澤 穂信

商品詳細を見る

古典部シリーズですっかりファンになったので違う作品も読んでみたのですが……
これは面白い!!
パラレルワールドのSFミステリーです。

主人公は亡くなった恋人を追悼するために東尋坊を訪れますが,そこで何かに誘われるようにして恋人と同じように崖から転落します。
気がつくと地元の金沢にいて,そこは自分が知っていた世界と微妙に違っています。

パラレルワールドものなのですが,最後の後味の悪さというか作品に含まれている毒が最高です。
古典部シリーズのほろ苦さよりも,さらに暗くて重いです。
ストーリーも文体もラノベに近いのですが,この材料でこういう味付けをしてくるとは流石です。

古典部シリーズにも主人公の姉が登場しますが,この作品に登場する姉が実にいいキャラなのですが,いいキャラなだけに……

読みやすいのでアニメで米澤さんを知った方にもお勧め(BAD END耐性が必要かもしれませんが……)です。
深い意味を持っている作品なのですが,ラノベ感覚で読んでそこに気がつかないと訳がわからない,ラストの展開に納得いかなくて低評価になってしまうかもしれません(Amazonのレビューを見ると理解できていないゆえに低評価をつけている人が多くいます)。謎のままで終わるところが幾つかあるので,そこを考察すると色々と見えてくるものがあります。読者が探偵役になって答えをだすというスタイルなのでは。

東尋坊,金沢と知っている場所が舞台なので楽しめました。米澤さんは金沢の大学に行っていました。

後はネタバレになるので追記で:

続きを読む

スポンサーサイト



2012-05-23 01:15 : Book : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Counter