Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖」 感想

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

話題になっている&メディアワークス文庫はまだ読んだことがなかったということもあって1,2巻をまとめて購入したのですが,長らく積んでいました。
次に読む予定だった米澤さんの「インシテミル」がちょっと肌に合わない感じだったのでスキップして読んでみました。

作者の三上さんは電撃文庫で活躍されていたようですが,読んだことも名前を聞いたこともありませんでした。
米澤穂信さんの古典部シリーズのように日常系ミステリーにジャンル分けされそうな作品です。

舞台は鎌倉にある古本屋で,そこに持ち込まれる本から,そこに込められている気持ちや物語,謎を取り明かしていく話です。

文章的にはラノベ作家が書いたものという感じで,構成的にもミステリー成分が弱いのですが,その代わり物語をしっかりと書いています。
トリックや推理ではなく,ストーリーテリングで勝負していますし,読みやすいです。
(米澤さんはミステリーを書こうとしていますし,古今東西のミステリーを意識していますが,三上さんはミステリーというよりも物語を書こうと意識しているように感じますし,ラノベで培った技術を使っているように見えます)

iOS20120104001.jpg
「本屋大賞」で高評価されて話題になり,書店でもプッシュされていましたが,この賞はミステリー系がランクインするのが少ない&面白い作品も少ないという印象があってスルーしていたのですが,このビブリア古書堂の事件手帳は普通に読み物として面白いです。これだけ売れたのも納得です。積んでいたことを後悔しました。
この大ヒットでメディアワークス文庫は可能性が開けてきたのではないでしょうか。
(文庫本なので,利益の面から本屋的にはそれほどプッシュしたい作品ではないと思うのですが,それでもランクインしたということにこの作品の実力が示されているのではないでしょうか)

とにかくヒロインである探偵役の栞子さんが眼鏡&黒髪&巨乳&内気&入院といった属性の美人で無類の本好きで本について語るとスイッチが入って饒舌になるというこの設定だけで十分に戦えます。よくわかっています。守ってあげたくなります。
ラノベ作家が創り出したヒロインだけあって戦闘力が高いです。ラノベ文化の功績です。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る
3巻が明日発売なんですね。ということで明日書店に買いに行きます。

ビブリア古書堂の事件手帖 3巻発売キャンペーン
アニメイトではキャンペーンが。

期間中、対象商品をお買い上げいただいたお客様に、ビブリア古書堂 古書買取申込用紙を差し上げます。
申込用紙に記載されているURLまたは二次元バーコードから特設サイトにアクセスしていただき、『今までに読んで最も面白く、是非、栞子さんに査定して欲しい本』を推薦していただきます。


これは面白い企画ですね。


biburia.jpg
http://biblia.jp/
そして,公式サイトが近日公開と。何か動きがありそうです。


ネタバレ含みそうなので残りは追記で:

続きを読む

スポンサーサイト



2012-06-20 23:41 : Book : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Counter