Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

米澤穂信 「リカーシブル」 感想

リカーシブルリカーシブル
(2013/01/22)
米澤 穂信

商品詳細を見る

米澤さんの2年ぶりのミステリー長編です。
わたしは「氷菓」がアニメ化されるということで古典部シリーズを読み始め,米澤作品にはまりました。
ということで「リカーシブル」は初めて手に取る新作ということになるのですが,わたしの地元の本屋ではそれほどプッシュされておらず,普通の新刊という扱いでした。
古典部シリーズは角川ですが,こちらは新潮社ということなので「あの氷菓の米澤!!」みたいな売り方はされていませんでした。
先日テレビ欄を見たら「インシテミル」が放送になっていたのですが,これは新作にあわせたのか?!……(ファンの間ではインシテミルは映画化されていないことになっています)

さて「リカーシブル」ですが,たいへん面白かったです。一気に読んでしまいました。
帯では「青春の痛ましさを描いた名作 ボトルネック の感動ふたたび」と書かれているのですが,町に伝わる民話が登場したりと「犬はどこだ」的なものもあります。
全体的にはミステリーというよりもホラーな雰囲気がただよい,スティーブン・キング的な話に見えるのですが,伏線の張り方は流石でしっかりとミステリーしています。終盤の怒濤の展開は見事でした。
ミステリーとして面白いですし,小説としても読み応えがあります。そして,米澤作品ならではのほろ苦く重い読後感をしっかりと味わうことができます。


ネタバレ含むので残りは追記で。

続きを読む

スポンサーサイト



2013-02-04 21:45 : Book : コメント : 1 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Search

Counter