Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :
Pagetop

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

SW 7 010
「なんか変ですよね~隊長ってば。ご飯を残したかと思えば食費の予算を無視してスイカ買ってきたり」
ご飯は残してもスイカはOKなフィリシアさん。



唐突に始まる戦闘。
フィリシアは初陣なのか,固くなっています。

敵を撃破したことを後続に伝えるのにラッパを。
他に通信手段はないのでしょうか。砲弾の音で聞こえないのでは。

SW 7 001
そこに3時の方向から砲弾が!!
フィリシアさん意外は全員死亡です……

お盆の準備をするカナタ。
“フィーエスタ・デュ・ルミエール”(ノエルの発音では聞き取りが難しいですが,公式のあらすじに表記されています)
灯籠を流して死者の魂を慰める祭とノエルは説明。
同様の祭りが地方によってはお盆と呼ばれると。
スペインが舞台のモデルになっているようですが,向こうで灯籠流しをするということは聞いたことがないので,いろいろな祭りをミックスさせているのではないでしょうか。
リンクさんの記事によると,フランス語で光のフェスティバルの意味だと。

SW 7 002
教会では灯籠を作っています。そういえば宗教も色々とミックスされていました。
灯籠におとうさんとおかあさんの絵を描いているミシオ。
前回で親への気持ちに区切りをつけることができています。

SW 7 003
小隊でも灯籠作り。
黙々と木を削るフィリシア。
昨年は見ていただけと言っていたので,冒頭の戦闘から1年も経っていないのか。

SW 7 004
手を切ってしまい血を見たことからまた戦闘のことを思い出します。
ビルがたくさんあるし,多脚足式戦車が。ここに赴任する前の出来事なのか。

フィリシアの過去についてはリオは記録を読んで知っているだけですが,ノエルは直接知っていると。
そういえばAパートで報告書みたいなものを読んでいました。それで外でリオがフィリシアに会ったとき,リアクションが変だったのか。

SW 7 005
「世界が滅びに向かっているとするなら,わたしたちはなんのために戦っているのかしら」
ソラヲトはいったい何と戦っているのか。
隊長の声は植田さんに聞こえます。

SW 7 006
先輩がしていたように,戦車に手を当てて,過去のことに向き合おうとするフィリシア。

戦闘から逃げる際に遺跡のような所に落ちるフィリシア。
そこには旧時代の兵士の遺体が。
その兵士の声が聞こえてきます。
「僕たちはあいつらに負けてしまったから」と本当にすまないと謝ります。
この日もお盆だったのか。それで死んだ兵士の声が聞こえたのか。

これが旧時代の戦争か。
いったい何と戦っていたのか。この戦車たちが総攻撃をかけたのに返り討ちにあっていたように見えたし。
塔みたいなものを攻撃していました。
「世界は終わってしまった」と兵士は語ります。
「君たちは残滓だ。最後のひとすくいの泡……人類が,世界が昔の反映を取り戻すのはもう不可能だよ」
「なぜ,こんな世界で生き残ることに意味があるのかい?」
そこで鳴り響くアメイジング・グレイス。
助けを求めて叫ぶフィリシア。

SW 7 008
助けに来たのはあの人です。
「ごめんなさい。わたしの部隊が半日早く来ていたらこんなことにはならなかったでしょうに」
ついに台詞が。イリア皇女殿下です。

昔あの人はわたしのすべてだったとユリアのことを語るリオ。
「あの人のように国を,人々を守りたいと思った……でも時々思うんだ,それにどんな意味があるんだろうって」
戻ってきているというならその答えを知りたくて,去年は祝わなかった“フィーエスタ・デュ・ルミエール”を。

フィリシアの悩みは夏太りでした。スイカダイエットです。

ビネンラント戦線のことを思い出していると思っていたリオでしたが……

SW 7 009
そこに流れてくる灯籠。
「萌流」の灯籠に吹きました。この世界は萌えを失ってしまったのか。人の名前だとは思うのですが。

フィリシアが流すのは昔の同僚と名前の知らない兵隊さんを一人。
クレハはお父さんとお母さん。
リオは母様と姉様。

「この世界に意味なんてないのよ。でもそれって素敵じゃない。だってないなら自分で勝手に見つければいいんだもの」
「そして見つけたわ。わたしがここにいる意味を」
「あの子たちはわたしみたいな思いをして欲しくないの」


前回の予告からお洗濯とお彼岸の話だと思っていたらいきなりのバトル展開,フィリシアの過去が描かれます。
アバンで兵士の幻を見るフィリシア。
そのことから過去の戦争のことを思い出します。
お盆の行事を通して過去を見つめるフィリシアとリオ。

タイトルに「蝉時雨」とあったように,蝉の鳴き声がBGMに。

少しずつ過去の戦争のことが明らかに。
過去の戦争で何と戦っていたのか,なぜ世界は滅びに向かっているのか,あの兵士はなんだったのか,イリア皇女はなぜ戦死したのか。イリアとカナタ,リオとの出会いは,ビネンラント戦争でノエルはと色々と謎が。ノエルだけは灯籠を流していなかったし。

残りでこうした伏線が回収されるのでしょうか。
あの子たちにはわたしと同じ思いをして欲しくないということなので,鬱エンドにはならないと思うのですが……

追記:
『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』#7に出てきた巨大生物って、#1の化石化した生物だろうか :Syu's quiz blog
戦闘シーンでビルに黒い羽が写っていたという報告が。
1話で出てきた羽のはえた悪魔のことでは。
この黒い羽の悪魔は定期的にこの町の谷底から復活するまたは宇宙からやってくるのか。
監視システムは黒い羽の悪魔の復活を監視しているのかも。
悪魔は炎を吐きと1話で説明されているので,世界を滅ぶきっかけになった戦いにも黒い羽の悪魔が関係してそうです。
そうだとするとカナタたち小隊が炎の乙女として悪魔を倒すことに。
乙女たちが呼び合ったという金の角笛はトランペットだし。
乙女たちが巨大な蜘蛛の力を借りて悪魔を倒したということだから,蜘蛛はタケミカズチですね。
悪魔の首を抱く,水をかけるというところがまだ何を差しているのかがわからないですが。

次回は「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」
 鳴らない,電話
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 8話予告
「おいおい」「はいよござんす」
カナタがトイレを我慢しているようにしか見えなかったのですが……コスプレには意味があるのか。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト スタッフブログ
おまけ:ソラヲト人気です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ジャンル : アニメ・コミック

2010-02-16 16:21 : Anime : コメント : 2 : トラックバック : 18
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
植田さん好きだったので放映前から覚悟していましたがショックでした。植田さんにはレールガンと来期からのメイド様でがんばってほしいです。中盤は暗い世界の中で幸せを見つけていくという展開になるとおもいます。売れるかどうかを別にしていい風に印象に残るアニメになってほしいです。
2010-02-19 08:19 : こう URL : 編集
Re: No title
> こんにちわ,こうさん。
いきなりショッキングな展開がきましたね。
わたしにとっての植田さんはマリみてです。Ever17で初めて知って好きになりました。
メイド様にも出演なんですか。来期の注目作なので楽しみです。

ソラヲト売り上げはどうですかね。
前作のヴァルキュリアよりは売れると思うのですが,かんなぎ越えは難しいかなという感じです。
2010-02-19 10:34 : ジュンク URL : 編集
Pagetop
はなまる幼稚園6話の妹が素晴らしい «  ホーム  » おおかみかくし 第6話 「恋」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見てい...
2010-02-16 17:05 : Welcome to our adolescence.
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」
フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...
2010-02-16 17:29 : 新しい世界へ・・・
アニメ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」感想
今回はフィリシア回。 彼女の笑顔の奥には、悲しい過去がありました。 ネタバレありです。
2010-02-16 17:43 : 99UPキノコ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」感想
フィリシアの過去。
2010-02-16 17:53 : マナヅルさん家
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
<こんな世界で生き延びることに、意味はあるのか?
2010-02-16 17:54 : 地図曹長道中記
(アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。 戦火のなか生き残り、瓦礫の山と化した街をさ...
2010-02-16 18:06 : ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」の感想
 カナタによると今は死者の魂を迎えるお盆という時期だとのこと。ここ最近フィリシアさんの様子がちょっとおかしい。妙に思いつめた顔をし...
2010-02-16 18:20 : 新さくら日記
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...
2010-02-16 19:38 : のらりんクロッキー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...
2010-02-16 20:14 : SERA@らくblog 3.0
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
世界の滅び ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る
2010-02-16 21:22 : せーにんの冒険記
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...
2010-02-16 22:09 : WONDER TIME
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第7話 感想「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...
2010-02-16 23:25 : 一言居士!スペードのAの放埓手記
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
2010-02-16 23:28 : ひえんきゃく
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨・精霊流シ』
いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...
2010-02-17 00:37 : 風庫~カゼクラ~
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 感想
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト  第07話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想  次のページへ
2010-02-17 05:19 : 荒野の出来事
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ スムース抱き枕カバー 前回はカナタの初任給とその出所にまつわる話でしたが、 今回は前回と一変してシリアスな...
2010-02-17 23:53 : 明善的な見方
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
いきなり戦闘シーン!! フィリシアの過去みたいですね。 しかし何と戦っているんだ・・・? フィリシアの様子がおかしいですね。 カナタ...
2010-02-18 10:13 : Bubble Forest
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
シリアス来たー?(゚д゚) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...
2010-02-22 11:42 : 空色きゃんでぃ
Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。