Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :
Pagetop

花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」

Iro 26.mov_000838067Iro 26.mov_000830684
「綺麗だね」
「あそこにわたしたちがいたんだね」
「いたとか過去形で言うな」
「いるよ、きっと」
「うん、いるよね」
「いるよ」
「きっといつかの未来にいるはずだよ」



ついに始まるぼんぼり祭り。
みんな望み札を持ってきています。
巴さんの願いは貯金みたいですが……

「わたしは何になりたい」
1話の頃の自分を思い出して自問する緒花。
1話では特にやりたいこともなく現実的で将来に対して夢見ることもできない状態でした。
でも今は違います。やりたいことを見つけています。

Iro 26.mov_000121830
若旦那の望み札には「喜翠荘再建」

皐月さんが見た望み札「500万欲しい」は巴さんなのか。「足首が細くなりたい」はなこちとか……

Iro 26.mov_000165582
「四十万スイになりたい」これが緒花の望み札。
喜翠荘に来て女将さんに会うことによってやりたいことを見つけることができています。
それを見て「負けた」とつぶやく皐月さん。
1話で反面教師と言われながらも、なんだかんだいいながら良い母親していた皐月さんですが、緒花が目標としたのは四十万スイでした。

「色んな人のぼんぼりが照らしてくれたから」
みんなと出会うことによって夢を見つけることができます。

201106131045423a0_20110926195742.jpg
ぼんぼる→ぼんぼりまつりでのお願い→願いをかなえるために自分でがんばる。
と緒花は言っていましたが、自分で頑張るだけでなく、みんなが照らしてくれることによって、かなえたい願い、夢を見つけることができました。

Iro 26.mov_000246412
願い札を見られて赤面するみんち。
震災での復興、世界平和の望み札も。

Iro 26.mov_000261261
「徹さんにいつか 追いつけますように」というのがみんちの願い。
「板前として。もっと上へ駆け抜けていきたい」という徹さん。
それを見てみんちを認める徹さん。

Iro 26.mov_000286202
ぼんぼりが考ちゃんをも照らしてくれます。
23,24話の歩道橋のシーンの対比となっています。
その時は何も言えなかった緒花。

Iro 26.mov_000339839
「考ちゃんが好きです! 大好きです!」
ついにはっきりと言えることが。
1話での考ちゃんからの「好き」に対する返答がついに。


火がつけられ天に届けられる願い。
ここで「花咲くいつか」の最終話タイトルカードが。
願いが届けられることによって「花咲くいつか」が現実になる可能性が開かれることになります。


まずは引退するマメ爺。
そして若旦那による喜翠荘再開宣言。
一旦閉じても、もっと勉強して、また「いつか」旅館を再開したいと。その時は喜翠荘の名前を受け継ぎます。
女将さんが後継者のいない旅館を引き継いだように、若旦那も旅館を引き継いで喜翠荘を再開させるフラグが立ちます。2期をやるとしたらこの展開ですね。

皐月さんから東京に来ることを勧められる女将ですが、こっちに残って仲居として働くと。
「わたしもぼんぼるよ。憎たらしい母親で居続けやるよ。あんたのためにもね」
これが「四十万スイになりたい」という緒花の願いに対する女将の返答。
そして、それを見て「負けた」とつぶやいた皐月さんに対する返答でもあります。
女将さんは隠居することを考えていたと思いますが、緒花が目指す四十万スイであり続けるために、まだぼんぼることを決めます。

Iro 26.mov_000622476
「ありがとうございます。お母様」
その気持ちがよくわかっている皐月さん。だからこそこの感謝の言葉が胸を打ちます。

Iro 26.mov_000724787
「勝ち負けじゃないの。いろいろ」
いまだに徹さんと緒花のことを引きずっているみんちですが、これでようやく素直になれるか。

コンビニの帰りに三人で喜翠荘を眺めるシーンが印象的でした。
3人の夢は喜翠荘にあります。
きっと「いつか」の未来にいるはずだよ。
3人が喜翠荘で再開するという夢が叶う時がいつか来るはずです

Iro 26.mov_000880442
学校を去る緒花に向けられる声援。
ピンドラみたいに消しゴムが飛んでくるのではとヒヤヒヤしましたw

ついに閉じられることになる喜翠荘。
最後に一人で誰もいない旅館を回る女将。

Iro 26.mov_000951096
そこに見えるのは積み重ねてきた夢のような時間。

Iro 26.mov_000986924
旅館に別れを告げた女将の目には亡き旦那が。
スイを喜ばせるための舞台だったこの旅館。
その夢は十分に叶えることができました。
次はみんなの夢を叶える番です。

そこに聞こえてくる怪しい叫び声。

Iro 26.mov_001021542
雑巾がけをしている緒花の声でした。
これが喜翠荘に対する緒花流のお別れ。
喜翠荘に来て最初にさせられた仕事が雑巾がけでした。
その時はここに仕事しに来たわけではないと愚痴をこぼしていた緒花でしたが、今では自分から。
仕事に対する認識も変化していますし、まだ緒花の中で喜翠荘は過去の場所にはなっていません。

Iro 26.mov_001115344
旅立つ緒花に渡される業務日誌。
「待ってるよ」
女将さんに認められる緒花です。
緒花帰還&喜翠荘再開フラグです。

若旦那夫婦はふくやで修行中。
結菜はフランス語の勉強。これが旅館のこととどう繋がるのかは謎ですが、夢のために頑張っています。
Iro 26.mov_001204016
結菜の鞄にはみんなで撮ったプリクラが。思いはゆのさぎにしっかりと向いています。
マメ爺は孫やひ孫に囲まれての幸せな生活。
次郎さんは「官能ノベル大賞」に応募中。怪しげな映画館で働いているようです。
連さんは新たな場所で板前。
巴さんは声がかかっていたという小料理屋か。婚期はまだ遠そうですが……
みんちは新たな修業先を探して。
Iro 26.mov_001244389
徹さんは自分とセットでとお願いしているみたいです。
自分を追いかけるものとしてみんちのことをしっかりと認めています。
Iro 26.mov_001260572
なこちはスイミングスクールで子どもたちを教えて。この胸は反則過ぎる。
Iro 26.mov_001282219
緒花が持っているのは「心が温まる和のおもてなし」
夢に向かって勉強中です。

映画風のEDがカッコイイ
ここまでの26話が走馬燈状態です。


Iro 26.mov_001412724
「いまはまだきっとつぼみ。だけどだからこそ、高く高い太陽を見上げる。喉を鳴らして水を飲む。わたしはこれから咲こうとしているんだ!」
最後にこちらに向かって走ってきてジャンプしての「おわり」
見ている方も夢に向かって頑張りたい、花咲かせたいと前向きな気持ちにさせてくれる終わり方でした。


素晴らしい最終回です。
どこを見ても名シーン、すべてが名台詞です。
作画も演出も素晴らしいです。流石P.A.WORKSです。
京アニのAirやハルヒといった素晴らしい最終回がありましたが、それらと肩を並べる、いや超えると言ってもいいほどの出来でした。

マリーの脚本も見事でした。
シナリオに関してはttの最終話をはるかに超えています

2クール目の最初の方は少しダレていましたが(結菜の扱いはもう少し何とかならなかったのか。見せ場があの修学旅行編だけでは……愛ちゃんのほうがまだ……)しっかりと物語を描いてくれていました。作中の季節も春から秋ということで、リアルタイムで見てこれてよかったです。

ドラマチックな人生を期待していた緒花。
喜翠荘に来ることによって、やりたいこと、夢を見つけることができます。
みんなの夢を場所を産むところとしての喜翠荘の描き方が上手でしたし、そこで働き、ぼんぼるみんなにしっかりとスポットを当てていました。

花咲くいろはは連続ドラマみたいだと言われていたのですが、事件がおきてみんなが巻き込まれドラマ展開になると言うのではなく、みんながぼんぼっているから物語が生まれていました。テンプレ的な展開ではなくしっかりと人物に目を向けたストーリー構成が実によかったです。

タイトルは「花咲くいろは」でしたが、26話かけて描かれたのは「花を咲かせるためのいろは」。夢をいつか実現させるためのステップでした。
1話のタイトルは「十六歳、春、まだつぼみ」 
そこから26話の「花咲くいつか」へ。
花を咲かせるためのいろは、人生における入門編みたいなものを喜翠荘とそこで働く人たちが担っていました。

喜翠荘再開という形で花を咲かせて欲しいので、是非2期をやって欲しいです。

まずは1月からの「Another」を期待です。PAに作ってもらえる作品は幸せだと思います。
いろはの2期も楽しみですが、ttみたいなラブストーリーもやって欲しいし……

とにかく素晴らしい最終回すぎて書きたいことはたくさんあるのですが、時間の関係でここまでにします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-26 21:36 : 花咲くいろは : コメント : 1 : トラックバック : 20
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
のんのんびよりのように、花咲くいろは「りぴーと」があれば嬉しいが、映画が放映されて2年以上たつし無理筋か。
ぼんぼり祭りが毎年のように来客数が増えているのは好材料かも。
2016-01-21 19:44 : URL : 編集
Pagetop
2011 秋アニメ 視聴計画 «  ホーム  » 輪るピングドラム 第11話 「ようやく君は気づいたのさ」 
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【花咲くいろは 第二十六話(最終話) 花咲くいつか 感想】
大団円でいい最終回だった。 ちょっとすべてが円満に解決し過ぎて拍子抜けな部分もありましたが、見終わってからの気持ちよさが上回っておりますw ラストもこれで終わりじゃなくていつかを思わせる感じ...
2011-09-26 21:40 : ようちゃん×ようちゃん
花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」
ドラマを起こすのは、人の気持ち。 キャラがあってのドラマ、ドラマあってのキャラ。 その基本をきっちりおさえて作ったからこそ このアニメは面白かったのですよね! 属性やフラグだけでは キャラもドラ...
2011-09-26 21:47 : SERA@らくblog
花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」 感想
「私は何になりたい?」 四十万スイになりたい。緒花は喜翆荘に来て周りの人のおかげもあってみつかった目標、女将のように仕事に誇りを持てて、ちょっぴり子供っぽくて、最初の気持ち最初の夢を忘れない、そんな風になりたいと思った緒花。緒花の本気で今の仕事、喜翆...
2011-09-26 22:34 : 時は零から
花咲くいろは 第26話・最終回 感想「花咲くいつか」
花咲くいろはですが、みんなでボンボリ祭りを楽しみます。願い事には新幹線になりたいなどもありますが、緒花は女将のようになりたいそうです。結名がなれなれしいので、民子のホビロンが増えてしまいます。 喜翠荘はやはり閉店してしまうようですが、若旦那はまだまだ雑...
2011-09-26 22:42 : 一言居士!スペードのAの放埓手記
花咲くいろは 第26話「花咲くいろは」
「きっとどこでだってドラマは起こせる  それでも私 いつかここに帰って来ます!」 自分の夢を見つけた緒花――! いつか喜翠荘を再開する時まで、それぞれの道でぼんぼる事に! 最終回はOP無しで本編突...
2011-09-26 22:56 : WONDER TIME
花咲くいろは 第26話 (最終回) 「花咲くいつか」 感想
好きです!大好きです!! ついに言えた~。パチパチ。 祭りのあとの夜。それはみんなで過ごす「喜翆荘最後の晩餐」でした。
2011-09-26 23:33 : ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記
花咲くいろは 第26話(終) 『花咲くいつか』
遂にやってきた最終回。喜翆荘は続くのか?女将は大丈夫なのか!?そして上手く纏められるのかなど気になることが一杯ありますね。  緒花メチャクチャ緊張。対する孝一はリラックスムードでぼんぼり祭りをまわる二人。明らかに告白しようとして力みすぎです。私は孝?...
2011-09-26 23:48 : こいさんの放送中アニメの感想
花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」 (終)
女将と皐月も加わり一致団結してぼんぼり祭のピークを乗り切った喜翆荘。 物語は大団円へ?「花咲くいろは」の最終話。 盛り上がるぼんぼり祭に歓喜の声を上げる緒花。 対立して余裕がなかった時は無視し...
2011-09-26 23:48 : ゆる本 blog
花咲くいろは 最終回「花咲くいつか」
花咲くいろは 押水菜子 スムース抱き枕カバーあぁ、ついに朝ドラアニメもこれで見納めですか…
2011-09-26 23:55 : 明善的な見方
【花咲くいろは】最終話 無難に終わったがホビロンとぼんぼるは流行らないよな
花咲くいろは #26 花咲くいつか 579 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 22:27:15.11 ID:xO1REjmY0 うむ、いい最終回だった 577 名前:風の谷の名無し...
2011-09-27 00:09 : にわか屋
花咲くいろは 26話(最終話)「一つの終わりは新しい始まりでもある。余韻たっぷりの見事な最終回」(感想)
松前緒花の一つの終わりと新しい始まり。 喜翆荘は終わりますが、緒花には夢が出来ました。 つまり喜翆荘は終わっていないのです。 堂々完結した「花咲くいろは」。 最終回としてこれ以上素晴らしく...
2011-09-27 00:15 : 失われた何か
花咲くいろは 最終回26話「花咲くいつか」
緒花が掴み取った夢。 花咲くいろは 4 [Blu-ray](2011/10/19)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る
2011-09-27 00:38 : 新しい世界へ・・・
花咲くいろは 第26話(最終話)「花咲くいつか」の感想
 女将さん死んじゃいやだぁあああぁ!!!  とりあえず旅館の仕事も一段落したので、みんなでぼんぼり祭りに行くことに。それぞれ想い想いの願いを書いた望み札を吊り下げていく。そして緒花はついにここ湯乃鷺で想い人の孝ちゃんと再会するも、ドギマギしすぎて言葉に?...
2011-09-27 08:18 : To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)
花咲くいろは 第26話 (最終話) 花咲くいつか 【伊藤かな恵さんの仕事】
チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第26話
2011-09-27 08:31 : しるばにあの日誌
花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」 (最終回)
孝ちゃんが、好きです 大好きです!! 焼きそば屋台の前で告白とはw さすがホビロンおはにゃん(^_^;) 屋台のおやじさんの粋なはからいが良かった♪ みんなも気を使って2人きりにしてあげてるし。 ...
2011-09-27 14:47 : のらりんすけっち
花咲くいろは 26話(最終回)
夢は受け継がれる。 というわけで、 「花咲くいろは」26話 旅立ち少女の巻。 四十万スイになりたい。 かつて現実主義を標榜した少女の、思い描く理想。 緒花ちゃんの夢探し、とうとう出した結論が...
2011-09-27 21:32 : アニメ徒然草
花咲くいろは 総括 「女ざかりの花たちへ」
『花咲くいろは』 という作品は何を描いていたのか? それは、これから輝きたい女性たちだと思うんですね。 緒花の成長や女将の生き様など、いろいろありましたが、それらをすべてひっくるめると輝い...
2011-09-28 03:37 : 物理的領域の因果的閉包性
花咲くいろは「第26話 花咲くいつか」/ブログのエントリ
花咲くいろは「第26話 花咲くいつか」に関するブログのエントリページです。
2011-09-29 16:44 : anilog
(アニメ感想) 花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」
花咲くいろは 4 [Blu-ray](2011/10/19)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る 神社を目指して徐々に集まるぼんぼりの灯り。 暗闇の中で輝くその灯は、空に輝く天の川のようにも見えた。 初めて目にす...
2011-10-04 13:01 : ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
◎花咲くいろは最終話花咲くいつか
みんなでボンボリ祭りへいく。みんな、望み札を書いてた。ジロウマルさんが諦めるには早いんじゃないかなと、貯金と書いてたノトマミにいう。オハナがコウチャンを探しに行く。エニ...
2011-12-31 02:07 : ぺろぺろキャンディー
Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。