Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :
Pagetop

ラノベ スイート☆ライン 感想

スイート☆ライン (電撃文庫)スイート☆ライン (電撃文庫)
(2009/05/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る

声優ものです。
メイン・ヒロインが天才声優なのですが,超男性恐怖症です。
声優好きの人にお勧めです。


新島永遠は声優として天才的な才能を持ちながらも,男性恐怖症のため,男性と一緒にアフレコができないほどです。

いくら才能があり演技力がずば抜けていてもそれでは仕事にならないため,アニメのプロデューサーをしている主人公の姉が,男性に慣れさせようとして,隣に引っ越して来させます。

男性が3メートル以内に近づくとダメ。近づく男性にはスタンガンをかますという,ありえないぐらいの恐怖症なのですが,主人公は業界の大物の挑戦を受けて,2週間で男性恐怖症を克服させ,普通にアフレコができるようにするため,共同生活をします。

しかし,それほどの男性恐怖症であるにもかかわらず,共同生活を始めたら,あっさりと主人公になついていくように。
ページの都合もあると思うのですが,こんなに簡単に慣れることができるなら・・・と思ってしまいます。

次の巻からは破壊的なキャラクターが登場するとあとがきにありましたが,永遠とユニットを組むことになるもう二人のヒロインも十分に描いていなかったので,人物をどのように描いていくのかに注目です。

声優の世界はいろいろと厳しい世界なのですが,明るい側面しか1巻では描いていませんでした。
裏の部分というか厳しい側面も描くいていくのでしょうか。

ヒロインたちの魅力をまだ十分に描ききれていないので声優に詳しくない人だと楽しみにくいのでは。
逆に詳しすぎる人には声優業界のことを十分に描いていないと不満を感じると思います。
リアリティー路線で行くのか,それともサクセスストーリーでいくのか。
1巻だけでは評価しきれないところがあります。
2巻を読んでから判断しようと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2009-06-02 16:33 : Book : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。