Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :
Pagetop

ラノベ 神のまにまに! 感想

神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)
(2009/04/10)
山口 幸三郎

商品詳細を見る

第15回電撃小説大賞 選考委員奨励賞 受賞作 です。
ラノベ感想系サイトでの評価が高かったので読みましたが,アタリでした。



主人公が24歳,社会人というのが新鮮ですし,最後のオチが何段階にもなっているところにやられました。

顕現した神,ラブコメと王道展開なのですが,その二つの魅力で新鮮さがあります。

八百万の神々が顕現し,その後姿を消したという設定の世界なのですが,神々を失うことによって地域経済に影響が出てきます。

主人公はなぜか頭上にヘッポコなる可愛い神様が乗っていて,そのために数々の幸運が降りかかりますが,そのせいで女性にもてません。

顕現した神に愛されているという理由で,神々を取り戻そうとする国家プロジェクトに巻き込まれ,神々に再び顕現してもらうために各地を奔走することになります。

メインとなるのはある町での河童をめぐる物語です。

その町での顕現した神であるヒロインが力を取り戻すために協力することになりますが,町では河童追放運動が。
人間と河童との対立を解決するために主人公は動き回ることになりますが,熱いです。

体を張って(不純な動機もありますが)問題に取り組みます。策を練ります。その辺の主人公の行動に好感が持てます。

よそ者であるため主人公は町の住民から否定され,厳しい状況に追い込まれますが,分の悪い賭けだと思いながらも勝負し,ヒロインたちの協力もあって物事を動かすことができます。

この問題解決までの展開が読み応えがありました。
予想通りの展開と思いきや,さらに裏があったり,隠されていた背景の明かし方が見事でした。

次は恋愛成就の神様を顕現させる話になりそうです。
次の巻も楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2009-06-10 00:10 : Book : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。