アニメ 咲-Saki- 第14話 「存在」 感想

0 16
「これで,前半戦,終了っすね」
Saki ep14.flv_000453717Saki ep14.flv_000676091
ついにステルス桃の勇姿が。桃とかじゅに萌えました。


Saki ep14.flv_000185392
副将戦前半戦はのどっちがパーフェクトゲーム寸前です。
余裕でエトペンを撫でています。激しく対抗心を燃やす透華さん。
「ふざけるのもたいがいにしてくだされですわ」

Saki ep14.flv_000297379
のどっちのパーフェクトを阻止することよりも目立つあがり方をしようとする透華さま。
自分のスタイルを崩しても,ブレてでも目立とうとするその姿にしびれます。

Saki ep14.flv_000422186
勢いづく透華ですが,ステルスの反撃にあいます。

Saki ep14.flv_000432404
知らない間にリーチされていたみたいです。
驚愕する透華。

超常現象が起きています。
ありえない振り込みのようです。

前半戦終了。
「わたしだけヤキトリ」
風越の力士がそうつぶやき去っていきます。

Saki ep14.flv_000580996
この距離なのに呼ばないと存在がわからないとは・・・

Saki ep14.flv_000588253
消えるのには時間がかかると。意図的に消すことができるのか。
打つ手が相手に認識されなくなるようです。
なんという超能力。

ステルスの過去が語られます。
コミュニケーションを放棄することにより存在を消すことができるように。
わたしも引きこもっていれば,この能力を身につけることができるのか。

Saki ep14.flv_000724808
しかしいないはずの桃をかじゅが見つけてくれます。

部員にまで幽霊部員だと思われているステルス・・・
むっきーも台詞がありましたw

Saki ep14.flv_000829746
部員を集めるための一環として麻雀のネットを校内LANに繋ぎ,対戦者を募ります。

Saki ep14.flv_000853852Saki ep14.flv_000859649
HNかまぼこって・・・
部に欲しいので見つけるために全力をつくすかじゅ。

Saki ep14.flv_000936225
強制表示モードをつかい,アクセスしている部屋を割り出そうとします。
1年A組です。

乗り込むかじゅ。
「わたしは君が欲しい!!!」
Saki ep14.flv_001027442
その言葉に応えるステルス。スタンド能力にしか見えないのですが。
「やっと君を見つけた」いい百合です。

Saki ep14.flv_001135842Saki ep14.flv_001129293
「とんでもない目立ちたがり屋さんとか存在感のあるパーツを持つ人がいるように,その逆もいるんすよね。わたしは存在感ゼロどころではない,いわばマイナスの気配,そのマイナスは自分の捨てハイまで巻き込むっよ」
捨てたハイが存在を消してゆきます・・・声もミュートする能力が。それで透華は振り込んだというわけだ。

「わたしを見てくれるのは一人だけでいい」
愛の力で勝とうとする桃。

Saki ep14.flv_001309580

敦賀にも百合設定が。
いい百合でした。
かじゅは画伯ボイスだけあってカッコイイです。
あんな熱い告白をされたら誰でも落ちます。
桃視点から考えると桃がベタボレするのもよくわかります。
桃がこんなに可愛いキャラだったとは。
斉藤桃子さんの声があっています。
わたしは透華ファンなのですが鶴賀を応援したくなりました。

次回は「魔物」
あの桃が驚愕していました。何事が起きたのか。
次回で副将戦は終了みたいです。
関連記事
ページトップ