Anime/Book/Game/Music/Sports/のMixture系Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :
Pagetop

ラノベ 紫色のクオリア 感想

紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る

各サイトで話題になっていた作品です。
どこかで読んだことが・・・と思っていたら電撃マガジンの増刊に掲載されていた作品でした。
増刊で読んだときにも衝撃を受けましたが,その続きのストーリーも最高でした。



ニンゲンがロボットに見える目を持つゆかりとその友人のガクちゃんとの物語。

ゆかりの持つ特殊能力に振り回されながらも,親友としての二人の関係を描いているのですが,SF的な要素がテーマになっています。

増刊に掲載された1話はSFというよりもホラー的な側面が強いのですが,続きの2話はSF要素が強いです。
平行世界,クオリア,無限の可能性と万物の理論といった要素が,独自性を出しています。

基本的にラブコメ派のわたしでも楽しめました。

予想を超えたストーリー展開を楽しむことができます。
2話の冒頭が衝撃的な展開なのですが,その事態を解決するためのSF的な手法が面白いです。

非常に読み応えのある作品でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2009-08-19 21:44 : Book : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

ジュンク

Author:ジュンク
「放置したり 忘れられたり あとは時々更新したり」

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。